comico
ちょっぴりおしゃべりで、ちょっぴり個性的などうぶつさんたち

129にちめ

コメント

129 / 179 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

ちょっぴりおしゃべりで、ちょっぴり個性的などうぶつさんたち

ちょっぴりおしゃべりで、ちょっぴり個性的などうぶつさんたち

ちょっぴりちいさな動物たちの日常

作家コメント

「楽しかった今年の夏」
       もじゃ クッキー
 私の中での、今年の夏の一番の思い出は家でまんがを描いていたことです。それは夏に限らないんじゃないか?と問われるとたしかにそうなのですが、去った夏を振り返るいま、一番に思い出すのはやはりまんがを描いている瞬間瞬間なのです。
 単純に楽しかったからでしょうか。おおまかにはそうであると思います。兎にも角にも、ペンを走らせ絵とセリフをえがくことが、何度繰り返しても、自分にとって刺激的である、ということなのだと思います。
 幼い頃から絵を描くことが好きで、成長に伴いコロコロ変わりゆく将来の夢の中に、何度か「漫画家」という職業も登場していました。
 プロから見たらまだまだ趣味の範囲であるとは思いますが、少しだけ、夢の一つに近づけたような自分に、日々幸せを感じているんだなぁと、夏と、いままでを思い返す9月なのでした。
 さてこれで400字です。

みんなのコメント(100)

0/400

お知らせ