わしょう

47ページ目
ジェネガンにおじけづき、立ち去るいじめっ子達。
48ページ目
ジェネガンに助けられたローラは、兄以外の異性と接することはほとんどなかったため、ジェネガンに興味津々である。
49ページ目
全うに働くキャルに対して、やましさを感じていたジェネガン。
50ページ目
ローラは貧乏でないと言うジェネガン。
51ページ目
今まさにジェネガン達が直面している貧困の苛酷さを思えば、確かにローラは恵まれていた。
52ページ目
寂しさも貧しさもただひたすら耐えなければならないと思いつめていたローラは、自分が恵まれているなんて夢にも思っていなかった。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ