この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

わしょう

30ページ目
廃墟に身を寄せる子供達。みなが寝ている中、一人ジェネガンは何を思う…
31ページ目
ジェネガンの右腕のブルーノ。
何やら神妙な面持ちでジェネガンに告げる…
32ページ目
ブルーノが非情なのか。
決してそうではない。この厳しい時代に子供達だけで生きていくことには無理があったのだ。
33ページ目
ブルーノの言葉に大いに揺れるジェネガン。
34ページ目
何か策があるというジェネガン。一体何を考えているのか…

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ