わしょう

16ページ目
広場で昼食をとっているキャルが目にしたのは…
17ページ目
見覚えのある少年がスリをする瞬間を目撃したキャルは…
18ページ目
ストリートチルドレンを束ねるリーダー格のジェネガン。
19ページ目
ジェネガンに詰め寄るキャル。二人は顔見知りのようだが…
20ページ目
ジェネガン達は、徒党を組んで盗みを繰り返していた。
21ページ目
厳格なキャルには、ジェネガン達が法を犯していることを見過ごせなかった。
22ページ目
ジェネガンからタバコを奪い取るキャル。
23ページ目
タバコは嗜好品じゃないのか。キャルにはジェネガン達が日々遊んで暮らしているように見えたのだ。
24ページ目
憎まれ口は叩いても、不思議とキャルにはどこか共感を覚えていたジェネガン。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ