この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

わしょう

72ページ目
キャルに礼を言われるとは思っていなかった親方。キャルとの思い出が頭をかけめぐる…
73ページ目
まだローラが今よりずっと小さい時、ローラを仕事場に連れてきていたキャルであったが、ローラが騒いで親方に叱られないか内心ヒヤヒヤであった…
74ページ目
仕事に一切の妥協を許さない親方の下での修行は、大変厳しいものであったが、キャルは決してくじけなかった…
75ページ目
親方が時折見せる優しさをキャルは知っており、キャルは親方によくなついていた…
76ページ目
いずれはキャルを独立させようと思っていた親方。しかし、その夢が叶うことはなかった…

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ