この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

わしょう

67ページ目
親方に使いに出されていたキャル。帰って来るとドアの向こうで自分のことを話している声が聞こえてきた…
68ページ目
会話の内容は、なんとキャルをクビにすることについてであった。
69ページ目
会話を聞いてしまったキャル。気まずい雰囲気の中、親方の様子を伺う。
70ページ目
なんとか話しをそらそうとするキャルであったが、親方にクビの話しを切り出されてしまう。
71ページ目
かつてジェネガンに言い放った言葉や、チャックを救えなかったことを思い出し、
クビにしないよう懇願することに矛盾を感じてしまったキャル。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ