わしょう

59ページ目
頼りにされたら困るだろというチャックの言葉が、深くキャルの胸に突き刺さる。
60ページ目
言い過ぎたことを反省して、キャルに謝るローラ。
61ページ目
キャルが持ち帰ったペンダントを、ローラはこっそり持ち出し密かに身につけていた。
62ページ目
憎むべきは貧しさであると、キャルも徐々に厳格な考えを軟化させつつあった
63ページ目
ジェネガンのことが気になっていたローラ。キャルにジェネガンの名前を尋ねる。
64ページ目
ジェネガンに好意を持っていることを、キャルに勘付かれ、慌てるローラ。
65ページ目
キャルに抱きつき、気持ちをごまかすローラ。
66ページ目
生きていくことの厳しさをうらめしく思いつつも、心の安らぎを取り戻すことができたキャル。
そしてローラも、キャルやジェネガンに救われ、以前より貧しさが苦にならなくなっていた。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ