comico
イヴの夜には…

扉絵9と 53~58ページ目

コメント

10 / 14 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

イヴの夜には…

イヴの夜には…

1930年代のヨーロッパ、貧しさに苦しみながらも、懸命に生きようとした子供達。
そんな中での、兄から妹への、妹から兄への、また仲間達の人間愛を描いた物語です。

作家コメント

53ページ目
ジェネガン達の世話になっていることに、負い目を感じていたチャック。
なんとか自分の食い扶持を稼ごうとするが、空腹のあまり倒れてしまう。
54ページ目
ローラとのことを気に病んでるキャル。
道端で倒れているチャックを見つけ、慌ててかけよる。
55ページ目
お腹がすいたというチャックのために、持ち合わせていたビスケットを差し出すキャル。
56ページ目
ローラの親代わりをしてきたキャルは、元来面倒見のよいたちだった。
57ページ目
ジェネガンに恩義を感じているチャック。自分達のためにジェネガンは盗みをせざるを得ないと、ジェネガンを弁護する。
58ページ目
自分ではどうしようもない現実の前では、キャルの善意が辛いだけであった。

みんなのコメント(0)

0/400

お知らせ