この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

わしょう

53ページ目
ジェネガン達の世話になっていることに、負い目を感じていたチャック。
なんとか自分の食い扶持を稼ごうとするが、空腹のあまり倒れてしまう。
54ページ目
ローラとのことを気に病んでるキャル。
道端で倒れているチャックを見つけ、慌ててかけよる。
55ページ目
お腹がすいたというチャックのために、持ち合わせていたビスケットを差し出すキャル。
56ページ目
ローラの親代わりをしてきたキャルは、元来面倒見のよいたちだった。
57ページ目
ジェネガンに恩義を感じているチャック。自分達のためにジェネガンは盗みをせざるを得ないと、ジェネガンを弁護する。
58ページ目
自分ではどうしようもない現実の前では、キャルの善意が辛いだけであった。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ