comico
累岩の民

4話 深夜のSOS

コメント

4 / 6 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

累岩の民

累岩の民

日本人の青年・累人(ルイト)は、草原でモンゴル人と思しき少年と出会う。少年にはある秘密があった。少年をめぐる事件に巻きこまれてゆく累人は……。

作家コメント

すみません、むさい男ばっかりでorz
女の人は何人か出てきますが、もう少し先です。でも「かわいい」女の子は出て・・・どうなんだろう。やっぱり美少女にはかないませんね(笑)
あまり言うと素性がバレそうですが、モンゴルについては経歴上(自慢できるレベルじゃないですが)、専門に(本当に自慢できないレベルですが)、勉強した感じなので、恥ずかしくない作品にしたいとは思ってます。
車より馬か・・・というコメントがありましたが、実用性は車に軍配ですかね。今のモンゴルは車社会だと思います。スタックしたりガス欠になったりしても、牧民や通りがかりの人に助けてもらって、何とかなるものです(何とかなりました)。ただはじめてこういう状況に巻き込まれるとパニックになりますね。
ルイトの電話は衛星電話です。GPS使えば・・・、とか内心つっこみつつ描いていましたが、GPSは封印してます。

みんなのコメント(6)

0/400

お知らせ