中山佳維

コメントくださった皆さん、ありがとうございます。
ファンタジーが入ってますが、ドラマの要素が強いのではないかと。一応、人間の限界の中で、何ができるかってとこで描いてみたいので。
さすがに長剣ふりまわして襲ってくる暴漢はいないはずなので、そのへんは誤解しないでください。でも日本では想像もできないことが起こる国なのは、いまも変わらないと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ