comico
いろは唄

四:第拾九録*覚悟と葛藤

コメント

19 / 25 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

いろは唄

いろは唄

弥緋乎(ヤヒコ)は自由な浪人風情。
弥緋乎の命を救ったこの美しい人物は・・・。
テーマは『諸行無常をポジティブに生きる』
注:時代の設定上、血液や男色が含まれます。(が、作品自体はBLモノではありません)

作家コメント

エイプリルフールの部分が読み返しの邪魔になると思い下へおきました。(4月16日)
さあ、どんどん読み返してください。さあ!さあ!(笑)
さて、ここで伝えたかったのは道徳云々ではなく・・・ただの掟です。
(もちろん作品全体との詳しい兼ね合いはありますが、そういったものは皆様にそれぞれに感じてもらうスタイルでいたいのでここでは書きません・・・。)
しかし弥緋乎の表情にはかなりこだわりを持って描きました。
最初は表情もなく淡々と斬ってこみ上げる罪悪感を颯爽と振り切りその場をあとにする描写でしたが弥緋乎に「オイ、その状況で顔色一つ変えずに人を斬るオレは何モンなんだよ」と言われ、ちゃんと場面に自分をシンクロさせた結果こういう描写になりました。
えーと・・・真面目な弍録さんは好きですか。

みんなのコメント(48)

0/400

お知らせ