この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

600

宇佐見暁

いつも閲覧、ハート、コメント、お気に入り誠に有難うございます。宇佐見です。
ここで一旦ヴァンの過去はお終いです。いずれまた描きます。
のろのろですがこの話も投稿二年目です。あっという間でした。内容濃くしたかったり、いつまでもだらだらだ続けるのもなーと思ったりして、結局内容薄いしまだ終わりが見えませんが、ようやく描きたいところまできました。 諦めてましたが、見て下さる方がいらっしゃるのであればこれからも続けていく所存です。
 さて、今回の冒頭で出てきたお爺さんは5話のお爺さんです。
時系列が一緒なのでヴァンの過去にいれました。分かりにくいですが、ヴァンは身の回りのこと全然知らないんでしょうね・・・。
それでは長くなりましたが、また次回お会いできるまで!
魔道士かっこいいって言って下さった方、ジェイクでした!すみません!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ