この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

壱之屋

壱之屋です。
今回は何故か時間が巻き戻り、一つ目が一度きた未来を回避するお話です。イメージとしては映写機の音と共に時間が巻き戻り、過去のとある場面から始まる一つ目がメインの話。
いつも閲覧、オススメぽちぽちしていただきありがとうございます。これからも応援してくださると嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0