この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

59

壱之屋

現実逃避したくて描きました、壱之屋です。
この話は、現実逃避中であったり妄想であったり現実であったりします。皆さんの、なんとも言えない生暖かい視線を待ってます。
読み難いとは思いますが、これからも応援してくださると幸いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ

1