はしお

ギャグマンガのダークホースを目指して、日々ネタを考えております。見てくれた人にいつか笑い泣きしてもらうことを目標としております。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

34