椎名

フィンと絡ませるとアンの照れ顔が炸裂する。ということでフィンくんのお話です。アンはフィンの好意を家族愛のようなものだと思っていて、フィンはどう見ても恋愛感情です。将来が楽しみですね。そして5歳にすら(リアルが充実的な意味で)負ける8歳児三人。三つ巴に普通に男が混ざっていることにまずツッコめ、と思いながら制作しております。
さて、ここで残念なお知らせなのですが、明日は更新が難しそうです(´・ω・`)
お仕事が朝からオールで入っておりまして、おそらく帰ってこれる時間が12時近くになってしまうので、さすがに寝ねば体がもたない、ということで更新は断念致しました。本当に申し訳ありません。ご理解の程、よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ