この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

122

屋汰之

お久し振りになります、ヤタノです。1話から自身が思っていたよりもたくさんの方に作品に目を向けていただけてありがたい気持ちでいっぱいです。コメントも読ませていただいております。諸事情により駆け足になっておりますが、今後このような機会がありましたらもっと深くゆっくりと描けたらと思います。ここまでお読みいただきありがとうございました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

1