この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

191

高田光

どうも、原作のゆとり世代です。クレーンゲームやってて手持ちの100円玉が枯渇したから颯爽と両替機までダッシュして両替を終えていざ戻ってみると、小学生位の子がたったの100円で自分の欲しかった景品をどや顔でかっさらっていったのは今でも脳に焼き付いています。(笑)

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ