田丸こーじ

本の裏側を知りたい人にも「本?何それおいしいの?」な人にも、出版社は奇々怪々な場所であることを知って、もっと面白がって欲しいなと思っている深夜2時です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

34