この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

753

MAKIMAKI

なんか…描いて読み返したら謝りたくなりました。まとめ方が下手過ぎてごめんなさい _| ̄|○ il||li
とりあえず終わりまで描いたので、描き直す気力はないです。でも折角描いたので投稿します。
多分、スッキリしない!!!という意見が多い(ような気がする)と思いますが、酷くやり返すのってどうしても出来なかったのでこの程度でご勘弁ください。
なので、いつも手をポケットに突っ込んでる永留くん、作者はいつもそのまま転んで顔から地面に突っ込めと思ってました。という裏話で溜飲を下げていただければ ^^;
前回、容量オーバーしたら…と書きましたが、容量オーバーしました!
ということで次回が最終回です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ