この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

406

牡丹るり

こんにちは。
今回は、入学してまもない頃の、希美からしたら出会いの瞬間。奏にしたら切なさの始まりの日となりました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話