この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

199

らせん

今回は、3話目以降、今ひとつ出番が少なくて影が薄かった初台君のクラスメイトの夜ノ森さんが中心のお話です(話といっても、なんか出そうな場所に初台君と一緒にぐるっと回って帰ってくるだけですが…)。
更新するとなにかしらコメントをいただき、とてもうれしいです。
コメントでもご指摘をいただいているように、私の力不足もあって描写が不十分(あってほしいコマが無い!あるいはモレてる!とか、なんか変とか)な点を感じることが多々あるかと思いますが、その辺は回を重ねるごとに少しずつ作品の質を向上させていくよう努めて参ります。
ちなみにタイトルの「キモ」がカタカナなのは、特に深い意味はないです。
(なんとなく「キモ」=「キモイ」に通じる印象があるような気がしたので、このほうがいいなと。)

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ