この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

280

らせん

前話の続きです。
邪鬼に乗っ取られると、乗っ取られている間の記憶が全部(あるいは一部)吹っ飛んだり(という設定)します。キャラの性格によっては自分の都合が良いように内容を少し改ざんしたりも…。
一応、今回のお話でバレー部に関してはおしまいです。
次回は怪奇捜査部が、また別の部から依頼を受ける話を予定していますので、
気になるお方は是非また読みにきてくださるとうれしいです!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ