この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

177

らせん

今回は、まだ怪奇捜査部員たちの発言でしか出てこなかった
顧問の先生を中心とした話です。
いつのまにか私もすっかり電子書籍派になってしまったので、
最近は本屋に足を運ぶことがなかなかない(というか本屋そのものが減ってしまってあまりない)のですが、古本にはどことなくノスタルジーを感じます。
廃刊になった雑誌とか、すごい前のバックナンバーなんかはなかなか捨てられなくて
家に保管してあったりします。
というわけで、古本(廃刊本)をテーマに話を作ってみました。
※いつもコメントしてくださる常連読者様、ときどきコメントくださる読者様、コメントはしないけどちょくちょく読んでくださっている読者の皆様、
たまたま見つけて初めて読んだよという読者の皆様、ここまで読んでいただいてありがとうございます!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ