この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6,511

ヒシノ

■閲覧ありがとうございました!今回もどうぞよしなに。■昔話でも、怪異談でも、人の世とは違う時間軸であったり、世界へと誤って入ってしまったお話をいくつか耳にします。元の世界に戻れたと思っても、はたして本当に元通り、いつもの世界が出迎えてくれることはあるんでしょうか。浪太が異端になっただけなのか、浪太が違う世界にきたのか、どちらなのかもまだ何もわかっていない状態です。■打綿狸のように、人をポカンとさせるだけの妖怪を知ると、とても和みます。彼らにとっては「びびってる!びっくりしてる!してやったぜ!」なのかもしれませんね。もうそう思っていただいてかまいません。存分にしてください。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ