この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1,935

藤田曇

この原稿作成中のこと。
真夜中、仕事場からの帰宅中、吹雪に襲われました。戻るに戻れず進むに進めず「もしかして…死ぬ?」とちょっとだけ覚悟しました。人生初、命をかけて漫画を描きました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ