この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1,231

オオタニヨシミ

いつもおすすめ、お気に入り、コメントなどありがとうございます。
甘えんぼしてママやパパのベッドで眠りたい気分の日は、「おっぱいを触るとすぐ寝ちゃう」と『良い子に寝るためにおっぱいが必要なんですよ!』と、おっぱいがあるのはママだけだからと言う理由を用意してアピールしてくるねねにゃんです。
頭を使っています。
ねねにゃんは、ちゃちゃがいるのもあって、1歳3~4ヶ月頃に、断乳と一緒に寝室を分けました。
最初の3晩は、夜中におっぱいを欲しがって泣くのでユッキーに一緒に眠ってもらい、あやしてもらいました。(ママはおっぱいがついているので、顔を見せない)。
4日目からは、けろっと「やんみー(おやすみなさい)」と言って自分でお布団に行くようになりました。
ユッキーの時は3歳すぎまでおっぱいもオムツも卒業できず、ちゃちゃは1歳でおっぱい、幼稚園入園直前でオムツを卒業しました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ