この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

162

真碧

このとき詩織は説明を省いたが、書類審査含むテープ審査の段階でとる人間を決めていて、面接は人前でもちゃんと演技ができるかを確認するためのものだった。
今回もお読みくださりありがとうございます!
この話は小説で言うなら第一章の終わりという回でした
次回からの第2章ご期待してくれたら幸いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ