この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

596

hajime_ryo

作者の漫画解説のコーナー
【運命の赤い糸】
将来結ばれるべき男女は、
小指と小指を(見えない)運命の赤い糸で
結ばれている。
これは宋の時代の中国で書かれた
「太平広記」にある「定婚店」
という話に由来するもの。
韋固という青年が
縁談相手の娘と会うために出かけていくと、
月明かりの下で1人の老人に出会う。
その老人はその縁談がうまく行かないと告げ、
結ばれるべき相手は
「この赤い縄で足と足が結ばれている」と、
韋固と結ばれている貧しい幼女を紹介した。
怒った韋固はある男に
幼女を刺すよう命じ額に傷をつける。
その数年後に韋固が結婚した娘の額には
その傷がついていたという話。
これが日本に伝わり、
約束の意味で使われる手の小指に、
そして縄が糸に変わったのだと言われる。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ