hajime_ryo

[ある教職員の遺書]
僕の愛しい読者へ June 3.1998
この手紙が届いたという事は、僕にとって喜ばしい事であり、
そして悲しむべき事でもある。
あのサングラス野郎のせいで、
君と電話で話す事すら出来なかったんだ。
読者、どうか落ち着いて、この手紙を読んでほしい。
僕がある学校の教職員にスカウトされ、
そこに移った事は前に話したと思う。
実は先月、その学校で事故が起こって、
研究中のウィルスが漏れ出してしまったんだ。
ウィルスに感染した僕の同僚は、
みんな死んでしまった。
さようなら
読者を永遠に愛する マーチン=クラックホーン

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ