この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

538

葵燐-kirin-

友1「カステラの色ってさー、キリンに似てるよね。だから葵燐さんその気になればカステラになれるんじゃね?」
俺「お前の脳内でいったいどういう式が成り立ったんだ」
通りすがりの先輩「俺もそう思う! カステラになれるぞ!」
俺「いや…」
友2「カステラおいしいよねー食べたーい」
先輩「なあ カステラ」
俺「…それもしかして俺のことっすか?俺の新しいあだ名カステラなんすか??」
なぜ俺のまわりには頭おかしいやつしかいないのか…
(類は友を呼ぶとか言ってはいけない)

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ