あいざわ

上端にも注意書きをしましたが、自由な恋愛の描写が入ります。
  
1年前に、ねると烏永ちゃん(緑の髪の子)が初めて喋ったときのお話です。
烏永ちゃんはねるの事を知って、憧れていましたが、
ねるは烏永ちゃんの名前もまだ知りません。
まだただのその他大勢の中のひとりだと思っています。
烏永ちゃんの中の生きづらさは、過去の恋愛のトラウマでした。
そしてこの出来事をきっかけに、確実に順風満帆にヤンデレへの扉をぶち開けていったのでしょう(にっこり)
追記
投稿時に、自分のミスで画質が荒くなり、見づらくなっています。
申し訳ありませんでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ