鈴稀あわひと

こんばんは。秋の気配より早く冬が訪れてしまいました。
散らばった秋をかき集めるように、サツマイモやカボチャや栗に鮭さんまなどを胃袋におさめていました。なむさん。
閲覧やハート、お気に入り登録ありがとうございます。
コメント嬉しくて今日描くのはここまでにしよう……とペンを止めた時に読むと、ここだけは終わらせておこうと気持ちが変わるので、言葉は力になるを身をもって実感しております。優しいお声がけ*
読者さんの好きのアンテナのどこかにひっかかったら嬉しいです。
「一話 魔素と禍主……1」のほうにおまけ放り投げました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ