comico
光降る郷

第1話 コンクール

コメント

1 / 5 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

光降る郷

光降る郷

1970年代後半、軍事政権下にあるヨーロッパの小国に生きる、将校と友人のピアニストの物語。

作家コメント

はじめまして。水瀬裕(みなせ ゆう)と申します。
この物語はフィクションであり、登場する国、団体、人物などはすべて架空のものです。
というわけで、ちょっと昔の、架空のヨーロッパの国を舞台にしたお話です。設定がちょっとめんどくさいですけど、メインテーマは友情や家族の物語なので、よろしければどうぞおつきあいください(*^ ^*)
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

みんなのコメント(5)

0/400

お知らせ