アヅカ

あづです。
第3話です。
またまた知人に青年の能力のネーミングをお願いしたところ「お前の中心で俺を主張する………そういう主義だ」
いろんなモノが混ざってます。
ではでは、おたのしみください。
青年と少年の能力に対する熟練度の違いが表現できていたらいいなっと思います。
タイトル変更しました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ