京雅

弐話です。
壱話でコメントを下さった皆様、ありがとうございました。
沢山の「おかえりなさい」に涙が出そうでした。
また一からの今作ですが、温かい目で見守ってやってください。
前回をくまなく閲覧してくださった方はお気づきだと思いますが、ストーリーの進行に変化があります。去っている間色々妄想が膨らんで、どうせ描き直すなら良いものに、という意向でございます。根本は変わらないので、よろしくお願いします。
相変わらずの回りくどいんだかわけわからんな展開は、次話をお待ちいただければと思います…!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ