comico
タイムドッグ

1966その4

コメント

4 / 9 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

タイムドッグ

タイムドッグ

アヤカの前に突然姿を現した謎の子犬。それは時間を自由に行き来できる「タイムドッグ」だった。アヤカはタイムドッグの不思議な力で、50年前の東京に飛ばされた。そこで彼女はタイムパトロールのナオミと出会う。何らかの原因で時間が傷付いているため、アヤカは元の世界に帰れない。彼女は一体どうなるのか。

作家コメント

わかりづらい展開でごめんなさい。未公開の序章で、アヤカは一度魔法使いキャミィと会ってます。キャミィが住む異次元の世界は、現実世界と関わりがあって時間の無い夢みたいな所、というヘンな設定です。お話しは続いていきます。

みんなのコメント(2)

0/400

お知らせ