アキ

今回は小学校、その年頃にあったあるあるを描きました。
ついでにシリーズです。
お金がない、日本は貧乏といわれ、じゃあお金(紙幣)を造ってる会社がたくさん造ればいいじゃん。と思っていた私や周りの小学生。
自分は昔も貧乏だったからこそ、なおさら意識していたのかも…
あったとしてそれをどうやって一軒ずつ配るんだ…というとこまで考えなかった。
(さすがに価値が下がるとこまでは考えない…)
そんななので、『お金造り会社』で働く人はあんまり働いてないんだと、周りは疑問に思っていた気がします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0