この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

217

イライジャ

正義ものを見直しているのですが、どの番組も、最初から悪は悪くて、正義は正しくて強い。
その力がなぜ生まれたのかを描いている正義ものは少ない。
海外の正義アニメの実写版で流行った「ビギンズ」ものでは、正義になるまでが描かれている。
「スパイダーマン」「バットマン」「アイアンマン」「X-MEN」などは見ていてワクワクした。
そもそも、海外と日本の漫画の違いを研究したことがあり、個人的な結論に達した。
海外は一般人がヒーローになることが多い。
つまりヒーローは「自分」で、もしかしたらいつかは、ヒーローになれる!?みたいなのが多く、ゲームも「自分目線」のFPSが多い。
それに対して日本は、それなりの資格・組織に属するヒーローが多く、「他人」である。
ゲームでも主人公が見えないFPSよりも、主人公の戦う姿が見えるTPSを好む。
日本には、かっこよく戦う正義だけがいればいい。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ