この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

257

イライジャ

全部が会川代表の謀略でした。
でも、経営者とは労働者・株主のために悪の道に手を染めてでも、彼らの要望に応えなければならない時がある。
それを平然とできる度量がある人しか会社の代表にはなれない。

会社の仕組みとして「代表取締役」=「社長」ですが・・・
会社自体は社長の物ではありません。
社長は会社を任されている代表取締役なだけ。
会社は「株主」の物なので、売り上げをしっかり上げないと社長と言えどもクビになります。
株主にあれこれ言われたくない社長は自社株を自分で買って、自分が株主(筆頭株主)になってるので自分の会社と言えるが、株の比率を部下に抜かれたら、そいつが筆頭株主となり、社長に解雇を命令できる。
社長とはぬくぬくしているようでシビアな世界に生きているのです・・・
会川代表の心中お察し申し上げます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ