メタモル・あうと郎

2つの箱。
そのあいだにいる、はぐれ・あうと郎。
もう1つの宇宙の箱、立方体王国。そこには、泣いている子どもがいた。
そして、立方体王国には、死んだ王子がまっている。
はぐれ・あうと郎は、そこへいく。
あの子は、今起きている。
夢と現実が混ざり合っている。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ