メタモル・あうと郎

「いっしょに考えてね。」
「いっしょに考えてねって…」
「なにを?」
「何についてだ…??」
はぐれ・あうと郎は、考える。
とりあえず今は、はぐれ・あうと郎は、「鏡くんからもらった宇宙の箱」のナゾについて考えている。
宇宙の箱は、宇宙のすべてを閉じ込めることができる箱らしい。
宇宙の箱は、大きさ自由自在らしい。
それが、宇宙の箱の性質だ。
さて、どうやったらこの宇宙の箱の中に宇宙のすべてを閉じ込めることができるんだろう?

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ