この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

メタモル・あうと郎

★32の解説。
このまんがは、「けしごむが人間に恋をする」というまんがですが、「恋」というものを考えていくと、結果として「心と体」という、古くから哲学の世界とかでもずっと考えられている問題に行き当たりました。たぶんこの「心と体」という問題は、人間にとってかなり重要な問題なのだと思います。心が動かないと体も動かない。
そして、心と体をつなげるというのは、このまんがのテーマともなっています。
★32あたりで、「球の体」の上に「心の形」(キャラクター)が乗っているという絵・図がでてきました。「体」の上に乗っている「心」という絵。
キャラクターとは、心の形である。「キャラクター」とは何か?という問いに対して、キャラクターとは心の形であると、このまんがを描きながらシンプルに言語化できました。
ここでは体の上に心が乗っている絵ですが、「心と体」の絵の表現の仕方はいろいろあると思います。つづく。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ