この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

126

ハムカツ

いつも読んでいただきありがとうございます。
4話前ですみませんが、チョコの話の続きです。
今回は直の話です。
最後に直がツンデレったのは、自分がそういう反省することが恥ずかしかったから。あと鳴音に突然、ぎゅってされたから。あと、それより前のことを想いだしたから。
優季のせいとは…。
鳴音は食べただけで、それにこもった気持ちがわかるのでしょうか。
乗り気でなかった直の気持ちがいつの間にか入っていたことが分かったということですね。
かといって、二人が付き合っていたというわけではありません。
鳴音の嬉しさが素直に表現されただけです。
でもいいですね。純粋にストレートな行動って。
誰々だから許されるとかありますよね。
逆に何してもとにかく目をつけられる体質とか。
それはよくわかります。説明のしようのない貧乏くじやとばっちり。決めつけではなく、ちゃんと見極めてほしいものですよね…。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話