comico
短篇集 1.エヴァの娘

1.エヴァの娘-7

コメント

7 / 12 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

短篇集 1.エヴァの娘

短篇集 1.エヴァの娘

時は31世紀。人間は小さなコミュニティごとに断絶され、種として疲弊し始めていた。なぜ文明は失われたのか。手がかりを求めて図書館を探る少女は、「殺す」という概念と出会う。言葉を「知る」ことで、少しずつ、少女の世界が形を変えていく。

作家コメント

妹はお姉ちゃんのことが大好きなんですよ。いつも冷たくされちゃってるけど。この子は最終回から二番目の話(多分)で、大事な役目を果たします。
それから、1話にも出てきたこのポニテの子は、まちのしきたりを重んじて、与えられたものに感謝して日々暮らしています。主人公とは対照的な性格の子です。

みんなのコメント(23)

0/400

お知らせ