しちみ

こんにちは、しちみです。ちょっぴり怪しい感じの第2話、ご覧いただきありがとうございます。
今回で計4回目の投稿となるわけですが、未だにコメント打ってる時にすごく緊張します。緊張し過ぎて打とうと思っていたコメントの内容が結構吹っ飛びます。そろそろ慣れてくれェ……。
序章から1話にかけて、オススメ、コメントをくださった皆様、ありがとうございます。何かしら貰うたびに飛び上がって喜んでいました。まだまだ始まったばかりの作品ですが、温かく見守っていただければと思います。
次回、第3話はエステルとマルセルのターンです。若人よどこへ行く。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

2