七色さん

時間とやる気はなかったですが、
ノリと勢いで作りました。
2話を描き始めた後、先にオオカミが居候になったわけを描くべきだったと思いました。思っただけです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ