あの作家さんやあの作家さん…こんなふうにあんな素敵な作品を私に届けてくれているのねっ!と、投稿の設定中終始興奮でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

0