奏佳

その6\( 'ω')/ そろそろお時間です。何かディクトが逃げるように。('・ω・‘)次回でこの短編のメイディアサイドは完結です。
レガード「チッチチチ*」(*俺が待ってるあいだ、マスターはオンナと楽しんでたのかよ!
それよりこういうタイプがいいんすか?見た目的な意味で。意外だわー)
ディクト「お前、キャラが違うよねソレ…」

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ