この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

39

瑞竹鎮菜

初めまして初投稿になります瑞竹鎮菜といいます。いろんなところでこの名前を使っているので見たことがある方ももしかしたらいるかもしれません。今回は雨の日のよくあることをモチーフにして描きました。
(5日加筆)コメントを拝見したところ解説が必要と判断したためここに書かせていただきたいと思います。
このお話は雨の日に電車に傘を忘れた経験を傘目線で描いたお話になります。傘の女の子ですのでそこから自分で動くことはできません。駅員はといえば忘れ物を回収していってしまう傘からすれば怖い存在です。ですので怖く見えるように意識して書いたつもりです。もっと化け物にしてもよかったかもしれませんね。最後は持ち主の少年と一緒に外に出られ、ピンクの傘の女の子のように笑顔を浮かべています。
わかりにくくて申し訳ありません。もっと多くの人に理解していただけるように努力していきます。貴重なコメントとてもためになりました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

5